中期朝鮮語の音価を考える(その3)

このページは「中古中国語の舌内入声を考える」です。

2017.5.24 最終更新)


目 次

その1.初声・終声字の問題について考える 2015.11.16
その2.郷歌の末音添記「叱」「尸」「音」について考える 2017.1.15
その3
.
中古中国語の舌内入声を考える 2017.5.24 最終更新

  目次

第1節     はじめに                    p2

第2節     現代中国語の閉鎖音韻尾について          p2

第3節     中古音の入声について              p4

第4節     入声韻尾の消滅を考える             p6

第5節     日本語のツの発音について             p7

第6節     謡曲におけるツの発音について           p8

第7節     平曲・御文や声明のノムの発音について      p11

第8節     『捷解新語』の入声表記を考える         p14

第9節     『捷解新語』の初声を重ねる注音法とは      p18

第10節    中古舌内入声はtではない             p20

【注】                          p21

【引用書】                          p26