日本語の起源


総 目 次

1.最終更新(2017.5.24
  中期朝鮮語の音価を考える(その3)-中古中国語の舌内入声を考える

2.引用書

3.次回更新のお知らせ

4.お便りをお待ちしています

5.琉球語関係蔵書目録2014.7.15更新)

6.更新履歴

 A.日本語起源論」解決に向かって(第一回:1999.1.24)

 B.番外編
  1.「日本語起源論」を越えて(第二回:1999.3.11)
   1.まえがき
   2.現代日本の三人の開拓者
  2.服部説にたいして感じたことから
    ー「首里方言の動詞終止形語末鼻音-ng」の問題について
    第八回1999.12.08):第九回2000.1.12
    *内容は二回になりました。第八回のほうから読んでいただければ幸いです。

 C.「ハ行音の問題」について

 a.目次(第三回:1999.5.3
 b.
三たびハ行頭子音の変化について(第四回:1999.5.27
 c.
ハ行転呼音になぜ喉頭化母音はあらわれたのか(第五回:1999.7.16
 d.第十六回更新(2001.2.3)の追補
  ア行のエとヤ行のエの混乱の問題について
 e.ワ行音のヲはなぜ高いアクセントをもっていたのか(第六回:1999.9.3

 D.「ティダ」の語源を探る

 a.目次(第七回:1999.10.15
 b.「シノノメ」「イナノメ」と「白」(シロ・シラ)の関係について(第十回:2000.3.01
 c.濁音化について(第十一回:2000.4.5
 d.鼻音化について(第十二回:2000.6.1
 e.濁音化と鼻音化の音韻変化について(第十三回:2000.9.1
 f.前鼻音化現象とは?(第十四回:2000.10.20
 g.日本語にみられる鼻音代償形(第十五回:2000.12.15

 E.連濁はいつ起こるのか?

    a.目次(第十六回:2001.2.3
    b.清濁と連濁の関係
(第十七回:2001.4.1
     *第十八回は本文を更新できませんでした。「更新のお知らせ」(第十八回:2001.6.1)はこちら
     c.サ行の直音化について(第十九回:2001.8.1
    d.四ツ仮名について(第二十回:2001.10.1
    e.すずめはスズと鳴いたか?(第二十一回:2002.1.1
    f.ラ行音について(第二十二回:2002.12.25
    g.日本語にはなぜ(ngV)行音がないのか(第二十三回:2003.5.1
    h.『梅咲きぬどれが梅(むめ)やら梅(うめ)ぢややら』(第二十四回:2003.9.1
    i.「母」は「ハワ」から「ハハ」に先祖がえりをしたのか?(第二十五回:2003.12.1
    j.特殊ウ音便と撥音便・促音便の交替はなぜ起こったのか(第二十六回:2004.3.1
    k.
再び「母」の変化を考える(第二十七回:2004.6.1
    l.再びワ行音の変化を考える(第二十八回:2004.9.1
    m.ワ行音と合拗音の関係を考える(第二十九回:2004.12.1
    n.琉球語の助詞「ヤ」について(第三十回:2004.12.1
    o.琉球語の助詞「ヤ」の起源について(第三十一回:2005.6.1
    p.ワ行音とハ行転呼音はどのように発生したのか(第三十二回:2005.9.2
    q.連濁はなぜ起こるのかーア行音の問題(第三十三回:2005.12.1
   r.連濁はなぜ起こるのかーサ・タ行音の問題(第三十四回:2008.2.2
    s.連濁はなぜ起こるのかーサ行イ音便の問題(第三十四回:2008.2.2
   t.母の変化再考(第三十五回:2010.7.26 追記)
    u.次回更新のお知らせ(
第三十六回第三十七回)

 F.カ行音の変化を考える

 a.目次
 b.日本書紀歌謡次清音字の問題-上代のカ行音は有気音だったのか?−日本書紀歌謡中国人述作者説から考える(第三十八回:2011.9.8
 c.
日本書紀歌謡喉音字の問題ー上代コの音はhoだったのか?(第三十九回:2011.12.5

 G.サ行音の変化を考える

 a.目次
 b.「須須」と鳴いた雀はいま(第四十回:2012.4.17
 

 H.漢蔵語族の問題を解く

a.shad(l)の前のnga字にのみtsheg(tsheg)を打つ規則」を考える-チベット語の綴りを考える(その1)(第四十一回:2012.11.25/2013.2.12  *チベット語要約はこちら
b.「上古中国語の再構」考察中のため概略の一部を校正もなしにのせました(→こちら第四十二回:2013.6.20/2013.7.15

 
 I
特別編(「母音融合にたいする大野説」を疑う)(第四十三回:2014.12.15)
 J.中期朝鮮語の音価を考える(その1)ー初声・終声字の問題について考えるー(第四十四回:2015.11.16
 K. 中期朝鮮語の音価を考える(その2)ー
郷歌の末音添記「叱」「尸」「音」について考える(2)ー(第四十五回:2017.1.15)

戻る